早めに妊活したほうが良いよ!悩むまえにスルーラを試して下さい
↓↓ご購入は下の画像から↓↓

自信があるから30日間(全部飲んでも)返金補償の定期コースがお得です

妊活(にんかつ)とは、「妊娠について正しい知識を得て、妊娠するために必要な体の状態を把握、維持して、妊娠するために前向きな生活を送ること。

そして将来、自然に妊娠しやすくなるために必要な体作りや生活スタイルを作り上げる活動のこと」を言います。

この妊娠についての知識を身に付けたり、妊娠にあたって自身の身体の現状を把握するなどといった活動は、ある製薬会社の疾患啓発活動の一環として生まれました。

妊活は単に、妊娠を希望している女性だけでなく、今は妊娠を希望していないけれど将来的に子供を設けたい女性だけでなく、妊娠に欠かせないパートナーの男性も対象となります。

なお、パートナーとの性生活があれば自然と妊娠できるのでは?と思っている方も多いと思いますが、世の中には子供に恵まれない夫婦がかなりのパーセンテージで存在します。

その根底には、避妊の技術は巷に溢れており、WEBでもすぐに検索できます。みんなよく知っています!

それに対して妊娠をしやすくする方法や、妊娠に備えての体作りについては意外誰も教えてくれていないのが実情です。

そこで妊婦となって初めて、お酒や、たばこをやめるなどを始め、胎児を育てるのに必要な自分の体作りを始める方がほとんどだと思います。

就活、婚活と続き、今なぜに妊活がブームとなったかは、やはり晩婚化と大いに関係しています。

今では女性の高学歴化とそれに伴う社会進出などを背景にして、平均的な結婚年齢もおのずと高くなっています。

結果として妊娠年齢も上がっています。35以上での出産を「高齢出産」といいますが、今では第1子を出産した女性のなんと5人に1人が35歳以上だといわれています。

女性の年齢と出産の関係でいえば、明らかに流産を含めた異常出産のリスクが年齢が上がるにしたがって増加します。

そして女性の卵子の数にも制限があることが近年の研究で明らかにされてきました。

20代の後半から40代前半の女性500人を対象にしたあるアンケートによると、回答者のの約9割が妊娠に対して不安があると答えています。

しかし、そのうち8割ほどの人は実際には何の対策も行っていないと回答しています。

現在の妊活ブームの背景にはこのような不安にたいして対策の第一歩を求める声が多数をしめたからだと考えられます。